スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
三次元熱伝導方程式をSOR法で解く(その3)
2008 / 03 / 05 ( Wed )
計算例として、立方体内外の熱伝導を計算するFortranプログラムを紹介します。
立方体内外の熱伝導率はそれぞれ10、
1 と設定します。
境界条件は、入口境界i =1 面 でT =100度、出口境界i = IF 面でT =50度 とします。
それ以外の外部境界は、法線方向に
T/∂n=0 となるようノイマン境界条件を与えす。
初期値として、入口境界以外の点で
T =50度を与えます。
格子間隔は
x =y = z = 0.1で、過緩和係数はω = 1.5とします。

これら境界条件・初期条件に設定したFortranプログラムは、下記のページに置いてありますので、ご自由のお使いください。


三次元熱伝導方程式のFotranプログラム

スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

21:31:46 | 計算数理科学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<特性方程式 | ホーム | 三次元熱伝導方程式をSOR法で解く(その2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mathmodelandsim.blog34.fc2.com/tb.php/50-9fdf29f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。