スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
具体的な三次元ポテンシャル流れの数値計算
2008 / 02 / 19 ( Tue )
以前、とある教科書を分担執筆した際に、立方体周りのポテンシャル流れを数値計算したことがありますので、それをここでは簡単に紹介します。

格子点数は21x21x21とし、立方体はその表面がちょうど、i = j = k = 8  な らびに
i = j = k = 14 に位置するように設定します。境界条件は、入口境界i = 1 面 でφ = 0、 出口境界 i = IF 面 でφ = 1を与え、それ以外の外部境界および立方体表面には、法線方向 にφ/∂n=0 となるようノイマン境界条件を与えます。
なお、格子間隔は
∆x=∆y =∆z=0.1 で、過緩和係数は1.5とします。

「三次元ポテンシャル流れを反復法で解く」で導出した式をSOR法で反復計算しますと、ポテンシャル
φ は次の図のように求められます。

このポテンシャルを各座標方向に1階偏微分したものが、それぞれの方向の流速になりますから、
φ の値を単純に差分近似すれば、流速ベクトルを次の図のように求めることができます。

ここで作成した
Fortranによる計算プログラムは、研究室ホームページの下記場所に掲載してありますので、興味のある方はご自由にダウンロードしてください。

三次元ポテンシャル流れのFortran プログラム

スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

21:40:08 | 数値流体力学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クランク・ニコルソン法 | ホーム | 3次元ポテンシャル流れをSOR法で解く>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mathmodelandsim.blog34.fc2.com/tb.php/34-ac654ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。