スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
Excelで2次元熱伝導方程式を解く(その3)
2008 / 03 / 01 ( Sat )

ここで紹介する方法で使用する簡単なマクロプログラムを以下に示します。

Sub 二次元熱伝導方程式()
For i = 1 To 40
Range("C21:M31").Copy
Range("C7:M17").PasteSpecial (xlPasteValues)
Range("E4").Value = Range("E4").Value + Range("B4").Value
Next i
End Sub

このプログラムでは、
領域3から領域2へのコピーと、時間ステップの更新が行われます。

このプログラムを、Excelのツールバーにある、ツール/マクロ/Visual Basic Editorを立ち上げて、左ボックスに表示された、Sheet1をダブルクリックして開き、その中にコピーします。

マクロプログラム

最終的に、ツール/マクロ/マクロで、作成済みのマクロプログラム名を選択して、実行ボタンを押せばマクロプログラムが実行されて計算が開始します。

スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

11:09:20 | 計算数理科学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。