スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ブログの中身をまとめました。
2009 / 10 / 05 ( Mon )
これまでブログに紹介した内容を原稿にまとめて、「計算数理科学と数理モデリング」と題して、下記ホームページに掲載いたしました。ご自由にダウンロードしてください。

http://www.caero.mech.tohoku.ac.jp/publicData/index.html
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

16:20:43 | 計算数理科学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
双曲型方程式を特性曲線法で具体的に解く(その3)
2008 / 03 / 17 ( Mon )

次に、点NにおけるpN, qNの値を求めます。

その際に、

AL λL (pN-pL)/(xN-xL) + C L(qN-qL)/(xN-xL)= 0

AM λM (pN-pM)/(xN-xM) + CM(qN-qM)/(xN-xM)= 0

を連立して解く必要があります。ただし、これらの式は、

AL λL (pN-pL)+ C L(qN-qL)= 0

AM λM (pN-pM)+ CM(qN-qM)= 0

のように簡略化できます。

AL=AM=1

CL= - uL2 = -0.42 = -0.16, CM= - uM2 = -(-0.65)2=0.4225

pL=10*0.2=2, pM=10*0.3=3, qL=3*0.2=0.6, qM=3*0.3=0.9

ですので、結局、

0.4(pN - 2.0)- 0.16(qN - 0.6)= 0

-0.65(pN - 3.0) - 0.4225(qN - 0.9)= 0

から、pN, qNを求めれば、

pN=2.45524,  qN=1.73810

となります。

求められた、xN, yN, pN, qNを、

uN - uL = (pN+pL)(xN - xL) + (qN+qL)(yN - yL)

に代入すれば、

uN = 0.4 +  (2.0 + 2.45524)(0.26190 - 0.2) /2+ (0.6 + 1.73810)(0.024762- 0)

で、これを計算すれば、

 uN = 0.56684

となります。

これが、特性曲線法により求められた解です。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

10:37:22 | 計算数理科学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
双曲型方程式を特性曲線法で具体的に解く(その2)
2008 / 03 / 16 ( Sun )

まず、偏導関数p,qは、

p =du/dx = 10x ,  q =du/dy = 3x

と求まります。次に特性方程式は、

dy/dx 2 - u2 = 0

になります。したがって、この根は、

λ =  dy/dx = u , ならびに -u

です。

つぎに、xN, yNを求めます。

λL = uL= 0.2 + 5*0.22 = 0.4

λM= - uM=-0.2 - 5*0.32 = -0.65

ですので、

yN- 0 =0.4(xN- 0.2)

yN-  0 = - 0.65(xN- 0.3)

となり、これらを連立して解けば、

xN=0.26190,  yN=0.024562

と点Nの座標が求まります。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

13:48:17 | 計算数理科学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
双曲型方程式を特性曲線法で具体的に解く(その1)
2008 / 03 / 15 ( Sat )

双曲型方程式

2u/∂x2 - u22u/∂y2= 0

を特性曲線法で具体的に解いてみます。

まず、

D = B2 - AC = u2 > 0

ですので、この方程式は双曲型です。

いま、x=0.2にある点Lx=0.3にある点Mの間にあり、y > 0にある特性曲線が交叉した点Nの座標 (xN,yN) におけるuN を求めてみます。

ただし、u は初期値 y=0 上で、0 x 1 のとき、

u = 0.2 + 5x2

で、かつ

u/∂y = 3x

を満足するとします。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

16:50:40 | 計算数理科学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2階偏微分方程式を特性曲線法で解く(その4)
2008 / 03 / 14 ( Fri )
(pN,qN)の値が既知となりました。
もともと、p, qは、

p = u/∂x , q =u/∂

でした。
最後に、点Nにおける
uNの値を求めるために、uの全微分式、

du =
u/∂x・dx+u/∂y・dy

を差分近似します。すなわち、

uN - uL = {(pN+pL)(xN - xL) + (qN+qL)(yN - yL) }/2

ただし、
p, qの値は、点Lと点Nにおける値を平均します。
また、直線MNで成り立つ差分近似式

u
N -
uM = {(pN+pM)(xN - xM) + (qN+qM)(yN -  yM)}/2

を解いてもかまいません。解は同じになります。
これより、
点Nにおける解uNを求めることができます。
特性曲線法では、点Nの解を求める計算を他の任意の点でも行い、求められた複数の点における解を用いて、さらに次の計算を同様に繰り返すことにより、解の伝播を手計算で求めることができます。



テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

23:00:18 | 計算数理科学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2階偏微分方程式を特性曲線法で解く(その3)
2008 / 03 / 13 ( Thu )
点Nの座標 (xN,yN) が既知となりましたが、
次に、
λLでは、

AL λL (dp/dx)L + C L(dq/dx)L - fL λL = 0

λMでは、

AM λM (dp/dx)M + C M(dq/dx)M - fMλM = 0

の各式が成り立ちますので、それぞれを、直線LN、LM上で差分近似します。

すると、

AL λL (pN-pL)/(xN-xL) + C L(qN-qL)/(xN-xL) - fL λL = 0

AM λM(pN-pM)/(xN-xM) + C L(qN-qM)/(xN-xM) - fM λM = 0

の2式が得られます。

これらの式における未知変数は、(pN,qN)のみです。

したがって、上記2式を連立することで(pN,qN)を求めることができます。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

21:46:42 | 計算数理科学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2階偏微分方程式を特性曲線法で解く(その2)
2008 / 03 / 12 ( Wed )
λLでは、

λL = (dy/dx)L

ですから、これが点Nを通るとすれば、次の差分近似式が成り立ちます。

λL = (yN- yL)/(xN- xL)

少し書き換えれば、

yN- yL=λL(xN- xL)

同様に、 λMでは、

λM=  (dy/dx)M

ですから、これが点Nを通るとすれば、

λM = (yN- yM)/(xN- xM)

で、

yN- yM=λM(xN- xM)

です。

ところで、点L,Nにおける(xL,yL), (xM,yM)は既知の値です。

未知の値は、(xN,yN)です。

したがって、

yN- yL=λL(xN- xL)

yN- yM=λM(xN- xM)

の2式を連立して計算することにより、(xN,yN)を求めることができます。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

20:48:18 | 計算数理科学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2階偏微分方程式を特性曲線法で解く(その1)
2008 / 03 / 11 ( Tue )
今日から何回かに分けて、特性曲線法(Method of Characteristic Curves)について紹介します。
特性曲線法とは、偏微分方程式を特性曲線上で解く方法です。
コンピュータが進歩した今日では、あまり使われない方法ですが、むしろコンピュータがまだなかった時代に、手計算やタイガー計算機を用いて、広く用いられていた方法です。特に双曲型偏微分方程式の特徴を理解する上で、大変役に立つ方法です。
準備として、次の図を用意します。

特性曲線法

図中には、2本の特性曲線が示されています。
まず、点Lから延びた
dy/dx = {B + B2 - AC1/2}/A を勾配に持った特性曲線をλL、点Mから延びた dy/dx = {B - B2 - AC1/2}/A を勾配に持った特性曲線をλMとします。さらに、これらの特性曲線が交差した点を、点Nとします。それぞれの特性曲線上では、図中に示したそれぞれ2つの式が成り立ちます。すなわち、
λLでは、

λL = (dy/dx)L

ならびに

AL λL (dp/dx)L + C L(dq/dx)L - fL λL = 0

λMでは、

λM = (dy/dx)M

ならびに

AM λM (dp/dx)M + C M(dq/dx)M - fMλM = 0

が成り立ちます。

これら4つの式を連立して解くことにより、解を求めることができます。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

21:21:37 | 計算数理科学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
特性曲線上の常微分方程式
2008 / 03 / 10 ( Mon )
特性曲線の図を簡略化して、改めて示します。

特性曲線その2

初期値上の2点を、それぞれL、Mとして、それぞれから伸びている特性方程式の根を勾配に持つ直線を図示します。
たとえば、L点から伝播した解を示す2つの直線の内、dy/dx = {B + B2 - AC1/2}/Aの勾配を、λL+ とします。これを言い換えれば、「特性曲線の勾配」です。
このような勾配を持つ特性曲線は、初期値のあらゆる点から伸びており、全空間を埋め尽くしています。
特性方程式の根とは、すなわち、特性曲線の勾配です。
xy
空間は、特性方程式の根を勾配に持つ特性曲線で埋め尽くされています。

ここからが重要ですが、そのような勾配をもった特性曲線上では、先に示した常微分方程式が成り立ちます。
たとえば、
λL+を勾配に持つ特性曲線上では、

A λL+ (dp/dx) + Cdq/dx - f λL+ = 0

が成り立ちます。
ここで紹介している偏微分方程式は、
その特性方程式の根を勾配に持つ特性曲線上で成り立つ常微分方程式を解くことで解を求めることができます。
偏微分方程式は、事実上、数値計算でしか解くことができませんが、常微分方程式でしたらば、解析的に解くこともできます。


テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

21:23:24 | 計算数理科学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
特性方程式の根を図示する
2008 / 03 / 09 ( Sun )
特性方程式の根をわかりやすく説明するために、下にように図示してみます。

特性曲線

独立変数 (x,y) からなる2階偏微分方程式は、xy空間上で図示することができます。
初期条件として、y = 0(y > 0) とすれば、
y = 0 上の1本の直線が初期値になります。
この直線上の任意の点から、
y > 0方向に解は伝播します。
いま、
(x1,0) (x2,0) の2点を考えます。そこから、dy/dxが一定値になる方向に直線をひくことができます。
仮にその直線の
dy/dx が特性方程式の根であるとすれば、図中のようにそれぞれの点から2本ずつ直線をひくことができます。
このような直線のことを、特性曲線(Characteristic Curve)と呼びます。
直線なのに曲線というのは変ですが、ここでの説明はあくまで、1次精度を仮定していますので、2次精度になれば直線は曲線になります。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

10:15:33 | 計算数理科学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。